メインメニュー
このサイトについて
話題のテーマ
出版物紹介
アクセスカウンタ
10231513

1208 :昨日
1175 :本日
会員専用ページ・ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
国内外情勢 : 権力が気前のいい時には必ず裏がある
投稿者: rodo-info 投稿日時: 2014-1-19 19:44:28 (732 ヒット)

コラム「聞き耳・地獄耳」権力が気前のいい時には必ず裏がある





半木 智


 安倍さんの暴走が止まりません。とうとう靖国神社にお参りをしてしまいました。

 改めて書いておきますが、靖国神社は前の戦争を聖戦と主張している施設です。どう言い繕おうとも平和を祈るのには相応しくない場所です。寧ろA級戦犯を称えるための施設と言うべきでしょう。必然的にサンフランシスコ条約違反となります。他国が干渉すべきでない国内問題だとの言い分は成り立ちません。その上、安倍さんを含めて勇ましいことを言いつのる人達の全員が、A級戦犯合祀以降昭和天皇も今上天皇も参拝していない事実に知らん顔です。

 安倍さんは、中国、韓国はもとよりオバマ政権からも非難され、今はもっぱらアフリカなどを歴訪しています。ご本人としては故事にいう「遠交近攻」を実践している積りなのでしょうか。

 情報通によれば周囲の反対を押し切っての参拝だったようです。普天間基地の辺野古移転へ道筋をつけたのだから、米国も大目に見てくれると考えたのかも知れませんが、当てが外れました。

 辺野古移転に関して、沖縄選出の五人の国会議員を従えた石破幹事長が公約破棄を宣言しました。このテレビ映像を観て、背筋の寒くなった人は私だけではないでしょう。この人はデモをテロだと見做す人です。その彼の手には特定秘密保護法という武器があります。

 この正月、私は自民党の長老議員の秘書にこう言いました。これで自民党の公約は信用する方が馬鹿だという事が証明されましたね。それに対して彼は、自民党は公約を破っていないと言うのです。彼はこう言います。自民党の公約は一貫して辺野古移転であった。県外移設というのは自民党沖縄県連の公約に過ぎない。

 もっとも私が、本部の公約と反対の公約で当選だけさせておいて、後でそれを無理やり撤回させるのは更に性質(たち)が悪いではないかと言うと彼は黙ってしまいましたが。

 その石破さんが500億円の名護振興基金を打ち上げました。実際にはその前の仲井間知事に約束した補助金に含まれるものらしいのですが、それにしても大盤振る舞いです。

 けれども忘れないで下さい。権力が気前のいい時には必ず裏がある事を。原子力発電所のように住民を麻薬患者にしてしまいます。 

印刷用ページ このニュースを友達に送る
検索
テーマ別の記事(選択してください)
テーマ別の最新記事
[ HOME ] [ NEWS ] [ BBS ] [ DOWNLOAD ] [ LINK ] [ FAQ ]