メインメニュー
このサイトについて
話題のテーマ
出版物紹介
アクセスカウンタ
10231529

1208 :昨日
1191 :本日
会員専用ページ・ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
国内外情勢 : コラム「聞き耳・地獄耳」: 安倍首相の暴走は続くけれど舛添氏も脱原発
投稿者: rodo-info 投稿日時: 2014-3-4 6:58:16 (822 ヒット)

安倍首相の暴走は続くけれど舛添氏も脱原発



半木 智


 やっとオリンピックが終わりました。マスコミは大騒ぎでした。

 私が子供だった頃の日本は発展途上国で、そんな国の子供には、オリンピックで日本人が活躍すれば日本が一流国の仲間入りをしたようでとても誇りに思えたものです。

 今の日本は世界の中で良くも悪くも大きな存在感を示しています。私が年を取ったせいもあるのでしょうが、日本選手が活躍しようがしまいが私にさほどの関心はありません。感動を押し付けるマスコミ報道に反感を覚えるだけです。

 その陰に隠れて安倍首相の暴走が続いています。

 ついに憲法の解釈は私が決めると言い出しました。立憲主義の否定です。この点では自民党の憲法改革草案も同じ考えに立っていますから、この草案が実現すれば総理大臣がこんなとんでもない事を実行しますよという格好の見本となりました。

 更に私が本当に驚いたのは、それに関連した、立憲主義は絶対王権の時代の遺物という発言です。漢字が読めないどころの話ではありません。改憲を唱えているにも拘らず芦部信喜を知らないというのは冗談ではなかったのです。

 思えば、NHKの籾井会長をはじめ安倍さんのお友達の経営委員の暴言が飛び交っております。その中の一人長谷川三千子さんによれば、右翼の誰かが三回呪文を唱えて自殺したので天皇が神になられたというのです。私には理解不能ですが、こちらの方が絶対王権でしょう。絶対王権は神から授けられます。

 長谷川さんは取り消していませんが、籾井会長は会長就任会見での発言を取り消しました。しかし、暴言は取り消せば済むというものではありません。個人的にではあれ、あのような考えを持った人物が考える不偏不党の立場というのは世間の常識とはかけ離れていると推測されます。公共放送の長としておよそ相応しくないと言わざるを得ません。

 多分、安倍さんの周りはこんな人達ばかりなのでしょう。自分達の常識が世界の非常識という事に気が付きません。困ったものです。

 旧聞に属しますが都知事選挙は舛添氏の圧勝でした。反原発の票は割れてしまいました。それぞれの陣営に言い分はあるのでしょうが、統一候補が実現できていればと残念です。

 ただし忘れないで下さい。舛添氏も脱原発を明言しております。つまり、脱原発の票は合計400万票。原発推進の票は田母神さんの僅か60万票です。「原発で飯を食う人達」が白を黒と言いくるめないように再確認しておきます。

印刷用ページ このニュースを友達に送る
検索
テーマ別の記事(選択してください)
テーマ別の最新記事
[ HOME ] [ NEWS ] [ BBS ] [ DOWNLOAD ] [ LINK ] [ FAQ ]