メインメニュー
このサイトについて
話題のテーマ
出版物紹介
アクセスカウンタ
10231529

1208 :昨日
1191 :本日
会員専用ページ・ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
学習会・現労研の活動 :  焦る安倍内閣 京都大学熊野寮に強制捜査
投稿者: rodo-info 投稿日時: 2014-11-22 18:00:04 (746 ヒット)

焦る安倍内閣 京都大学熊野寮に強制捜査


 警視庁の公安部は、11月13日、突然京都大学の熊野寮への強制捜査を行った。

 強制捜査の口実は、11月2日に行われた集会とデモ(安倍内閣打倒、特定秘密保護法反対、辺野古への基地移設反対)で「公務執行妨害」によって(もちろんでっち上げ)中核派の活動家を逮捕したことである。

 京都大学に京都府警公安部の刑事が事前に「大学の許可なく」構内に侵入し、捜査を行ったことに対して、京大生が警官を拘束し、糾弾する行動があった。一部の報道では、「警視庁の捜査はこれへの報復」などと問題を矮小化しているが、ことはそんなに単純ではない。


学生運動・人民運動に露骨に敵対
 
 「特定秘密保護法案」については、その適用範囲が全く曖昧であり、「報道の自由」が侵害されるのではないかとの危惧が常につきまとっていた。

 安倍内閣は「そんなことはない」と説明しているが、だれもそんなことは信用していない。

 さらにアベノミックスの行き詰まり、労働者、中小零細企業の生活の破綻、派遣法の改悪をはじめとする労働法制の改悪、そして実質的な憲法の改正・集団的自衛権の行使など国民の生活を破壊し、日本を「戦争ができる国」にシフトを切ろうとしている。また事故の原因が未だ究明されていないのに、原発を再稼働、はては輸出するなど、露骨な独占資本に肩入れする政治を進めてきた。

 これに対する、労働者・学生などの反撃も当然強まっている。11月16日に投票・開票された沖縄知事選挙における翁長氏の圧勝。

 一勝一敗をねらった那覇市長選挙でも、自民党・公明党の候補が敗退した。

 こうした静かではあるが、着実に進行している労働者・学生の行動に対して「見せしめ的に」政府・警視庁公安部(もともとは戦前の特高警察)熊野寮に乱入し、「あの人たちは特別だ」といったイメージを与え、行動を押さえつけようと動き出したのである。


労働者・学生の側が安倍内閣を追いつめている証拠 

 こうした安倍内閣の行動は、実は彼らがもうどうにもならないところまで追い込まれている証拠でもある。

 アベノミクスで賃金が上がったと言っても、物価上昇により実質賃金は低下しており、ほとんどの労働者はその実感が全くない。一部の大企業と大株主だけが、株高と円安で大もうけしている。労働法制の改悪が進み、非正規労働が当たり前の社会になってきている。安倍の経済政策、国防政策への批判と不安は日増しに増大している。

 労働運動、学生運動が高揚する前に、熊野寮への捜索を行い、人民運動への先制パンチを安倍内閣は食らわしたのかもしれない。


これからがチャンスだ

 前回の総選挙で自民党は民主党の失策を巧みについて、政権に返り咲いた。第1次安倍内閣の失敗に懲りて、今度は慎重に政局を運営するかに思われた。

 しかし出てきたのは、労働法制の改悪。金持ちと大企業だけが優遇される税制、政治家の腐敗現象であり、日本の行く末を危うくするような法律の制定ばかりである。

 消費税は8%になってもどれだけが福祉に回されているか、我々には知るよしもない。

 沖縄知事選挙に見られるように、自民党・安倍政権を崩壊させるときが来ている。幸い首相自らが解散・総選挙を決断した。

 小選挙区制は一つ間違えば、与党といえども大敗北することもある。選挙で全てが解決できるとは思わないが、相手が与えてくれた絶好の機会、生かさない理由はない。

印刷用ページ このニュースを友達に送る
検索
テーマ別の記事(選択してください)
テーマ別の最新記事
[ HOME ] [ NEWS ] [ BBS ] [ DOWNLOAD ] [ LINK ] [ FAQ ]