メインメニュー
このサイトについて
話題のテーマ
出版物紹介
アクセスカウンタ
10289701

3368 :昨日
0151 :本日
会員専用ページ・ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
投稿者: rodo-info 投稿日時: 2015-8-12 17:00:00 (561 ヒット)

そうだ国会へ行こう!

  8月30日(日)14時 国会議事堂周辺





一人ひとりの小さな行動が戦争法案を阻止する原動力になる

 安倍政権は民意を無視して戦争法案の成立を強行するつもりです。私たちは政府・与党の横暴を断じて許してはなりません。
 8月30日「戦争をさせない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」の呼びかけで10万人の国会包囲行動が行われます。
 安倍政権がもっとも恐れているのは一般市民が行動を起こすことです。「もし10万人を超えるような大規模デモが行われたら、参院での強行採決も、60日ルールを使った衆院での再可決も難しくなる」という見方をするメディアもあります。
 8月30日はぜひとも国会に行こうではありませんか。そして10万人といわず20万人・30万人で国会を包囲しようではありませんか。









 詳細は主催者ホームページをご覧ください。


そして9月6日は京都へ
「さよなら原発 全国集会in京都」

  9月6日(日)13時 京都・梅小路公園 芝生広場


 多くの国民の不安を無視して安全対策が全く不完全な川内原発再稼動を許した安倍政権にNo!を突き付けよう。


投稿者: rodo-info 投稿日時: 2015-6-6 14:35:18 (663 ヒット)

安保マフィアと辺野古





戦後70年 止めよう辺野古新基地建設!沖縄県民大会(琉球新報)

半木 智


 私は前回「今回の選挙を棄権する事はほとんど犯罪に近い」と警告を発しました。その甲斐も無く総選挙は記録的な低投票率で、自民・公明連合が大勝しました。と言っても、彼らが得票を伸ばしたわけではなく、選挙制度の不備もあって結果的に多くの議席を獲得したに過ぎません。それでも議席は議席です。三分の二以上の議席を得た安倍政権は本格的に暴走を始めました。

 投票に行かなかった人達はこの事態を望んでいたのでしょうか。そうではないでしょう。最近の安保法制についての世論調査を見れば、過半数をはるかに超える人たちが安倍さんのやる事に反対意見を持っています。

 総選挙以来この方、何から書いたらいいのか分らない程安倍さんは暴走しています。とりあえず、普天間基地の辺野古移転問題から始めます。


沖縄を人身御供にした戦後の日本
 沖縄について、安倍さん達が触れようとしない事実があります。

 今から70年前、沖縄で、日本史上初めてと言っていい大激戦がありました。わずか3ヶ月の間に20万人の戦死者があり、その約半分が沖縄の民間人でした。その沖縄戦の最高指導者であった海軍中将太田実が自決前に海軍次官に打電した電文です。
 「沖縄県民斯く戦へり。県民に対し後世特別のご高配を賜らんことを」

 最近の日本語の乱れを見るにつけ、これだけでは意味の分からない人たちが多数いるのではないかという懸念から意訳しておきます。

 「日本軍の指導の下、沖縄の民間人にはとんでもない犠牲を強いてしまった。戦争が終わった後で日本国は沖縄に対して、特段のお詫びとともに特別のサーヴィスをしてあげてください」。

 時代の制約はあったとしても、太田さんは人としての良心をお持ちだったのだと私は思います。特攻隊を発案した人は、一言のお詫びもせずに戦後随分長生きをされました。「生きて虜囚の辱めを受けず」の戦陣訓(これが死ぬ必要のない多くの沖縄の人達に、前述の多大な犠牲を強いたのです)を作った人は自決すらできず、A級戦犯の判決を受け死刑になりました。その遺族は軍人恩給を受けています。そんな人達を思うにつけ、大田さんの存在で、あの暗黒の時代にもこんな人がいたのだと、現代の日本人の私が少し救われるのです。

 しかし、戦後の日本は大田さんの遺言を聞こうとはしませんでした。それどころか、今の自民党に連なる保守政党と昭和天皇その人までが沖縄を人身御供として差し出したのでした。

 以来70年、日米安保条約が日本の役に立っているかどうかは別にして、沖縄はその日本側の負担の大部分を担わされてきました。


すべては「安保マフィア」が仕切る
 そもそも普天間基地の返還は、1995年に米兵3人が沖縄の小学生の少女を強姦したことのお詫びのしるしだったはずです。代替基地を用意せよなどと言えた義理ではありません。あの年、私などからすれば、米国のスポークスマンとしか見えなかった人までが、沖縄にはすまなかったと言うのを聞きました。しかし、その人は時流におもねるだけの人だったのでしょう。それ以降、沖縄について何も目立った発言はしていません。

 以来20年、いつの間にか普天間基地返還は、老朽基地であるキャンプシュワブの拡大リニュアルに話がすり替わってしまいました。しかも日本のお金で。

 私は以前から、寺島実郎さんの発言の中の「安保で飯を食う人々」という表現をお借りしていました。その寺島さんが最近は「安保マフィア」と仰っておられます。私もそれに倣います。すべては安保マフィアが取り仕切っているのです。彼らの中には外務省、防衛省の役人たちが含まれます。

 多くの日本人が、「それでも」と思っているように見えます。それでも尖閣諸島などでの中国の領土侵犯を見れば、沖縄に海兵隊は必要なのではないかと。それは間違いです。

 米国が中国と戦端を開く事はありません。自国の若者の血を日本の利益の為に流すはずがないという原則とともに、経済的な状況でも、米国にとって大事なのは日本より中国なのは明らかです。古今東西、戦争は経済的な要因で発生します。表面上は宗教とか民族などが原因のように見える場合でも、真の原因は経済です。あの十字軍ですら、参加したキリスト教国の領主たちの目的は東方貿易の利益やイスラム圏からの略奪でした。
その頼りなさを十分承知しているからこそ安保マフィアの連中は、尖閣が安保条約の適用範囲に含まれるとの米国の言質を取りたがるのです。安倍首相もそうですし、前原元外務大臣なども良い例です。対する米国は、多分、苦笑いをしながらリップサーヴィスをしているだけだと思われます。そして、尖閣が日本の領土だとは口が裂けても言いません。

 ついでにある噂を書いておきます。最近、中国船舶による尖閣での領海侵犯が以前ほど騒がれなくなりました。その理由がこうだというのです。英国で、サッチャー英首相が来日した時の当時の鈴木首相との対談の中身が、秘密保護の期限を過ぎたので公表されました。その中に、尖閣問題は棚上げするとした中国との密約が語られていたというのです。ご存知のように、そんな密約は無いというのが外務省の立場です。尖閣問題で騒ぐと、その外務省の立場が危うくなるので、しばらくは無視するしかないというのです。それが本当だとすれば、尖閣を買い取ると言い出した石原元都知事の責任を問う必要があります。尖閣紛争の発端は、彼の米国でのスピーチだったのですから。そう言えば、彼がスピーチをした何とか財団というのは、共和党色の濃い、安保マフィアの一員ではないかと疑われそうな組織です。


安倍暴走政治の責任
 それはともかく、昨年の総選挙、沖縄知事選について「基地問題は争点ではなかった」との菅官房長官の発言には恐れ入りました。間髪を入れず、自民党の沖縄県連が「唯一の争点であった」とコメントしたことには知らん顔です。これは安倍政権の特徴です。自分に都合の悪い情報は無視するというヤンキーらしさです。

 消費増税の延期を問うという意味のはっきりしない解散でしたが、選挙後安倍さんは、集団的自衛権をはじめ彼の暴走政策すべてに承認を得たかのように振舞っています。直接的には自民、公明に投票した人たちの、間接的には棄権をした人たちの責任です。



投稿者: rodo-info 投稿日時: 2014-12-6 9:45:39 (851 ヒット)

選挙に必ず行こう





半木 智


 総選挙が公示されました。

 今度の国会解散について色んな名前が付けられましたが、私としては「今のうち解散」が合っているように思います。野党の選挙協力も整わぬまま、民主党の幹事長自らが政権奪還の選挙ではないと言っている位ですから、安倍さんの党が過半数を割る心配はありません。株価が高値を維持している間に争点を経済問題に限って選挙民の眼をそらし、選挙が終わってから、国民の同意を得たとして、国論を二分している集団的自衛権に基づく立法措置と原発再稼働を進めるつもりなのでしょう。

 そんな安倍さんの目論見が外れますようにとこの文章を書きます。

 まず消費税です。現在の日本の経済状況で、消費税を10%どころか8%に上げる事ですら暴挙であることは誰の目にも明らかでした。ただ、財務省をはじめそれにつながる御用学者の財政均衡主義者達だけが分かりにくい理屈を並べてその必要性を叫んでいます。彼等が目指しているのは、近代国家の原則である応能負担を否定する事です。

 案の定、その結果は酷いものでした。大方の御用学者や評論家の予想は、7月から9月のGDPがプラスになるとしていたのです。これだけでも彼等の能力のたかが知れるというものですが、彼等に反省の様子は見られません。

 それでもこの惨状では、発言の結果責任を問われない一部の人達を除き、さすがに10%への値上げを主張する人はいません。だから皆さん値上げ先送りです。争点になっていません。

 けれども騙されてはいけません。本当の争点は値上げの時期ではないのです。本当の争点は消費税を上げるか上げないかなのです。

 私は本誌上で、消費税がいかに近代国家の原則に反する悪税であるかを何度も述べてきました。今回も同じ事を言います。

 そもそも消費税は、その導入時から福祉の為であると言われ続けてきました。ここで考えてください。

 大雑把に言えば、福祉を必要とする人達は低所得です。一方で消費税は低所得層ほど重税感の強い税金です。おかしくないですか。低所得層のための財源を低所得層から搾り取るのです。

 逆に大企業の六割が消費増税に賛成です。それはそうでしょう。大企業には輸出戻し税と法人税の値下げの穴埋めという利益があるからです。日本では福祉の為と誤魔化されていますが、世界で最初の消費税は輸出企業への補助金として生まれたものでした。
消費税はそういう出自の税金です。所得ゼロの人からも取り立てられ、大企業の懐へ入ります。

 あれは京都でだけだったのでしょうか。前回の参議院選挙での共産党のポスターに「貧乏人から金とるな」というキャッチフレーズを見ました。実に、消費税反対の本質をついた言葉だと思います。これを広めたいと思います。

 安倍さんは消費増税を止めた訳ではありません。次は期限を切って必ずやると言っているのです。民主党も公明党も消費増税には賛成です。いい加減な言葉に惑わされず、本当に自分達の為になる政策を掲げている人に投票してください。

 福祉の財源にするというのは嘘です。本当に福祉の財源が欲しいのなら、公共事業と称してばら撒いている何兆円ものお金の一部をそちらに回せば、確実に個人消費が伸び、福祉施設の改善につながるのです。

 「まず消費税」と言っておきながら他の政策について書く余裕が無くなりました。そこでこれだけを言っておきます。

 マスコミが争点の無い選挙という雰囲気をあおりながら、低投票率へと誘導しています。けれども必ず選挙へ行ってください。今度の選挙で自民党が勝利すれば、戦後の日本が積み上げてきた価値のあるものを悉く投げ捨てようとしている安倍さんにフリーハンドを与える事になります。

 今回の選挙を棄権する事はほとんど犯罪に近いのではないでしょうか。


投稿者: rodo-info 投稿日時: 2014-11-22 18:00:04 (757 ヒット)

焦る安倍内閣 京都大学熊野寮に強制捜査


 警視庁の公安部は、11月13日、突然京都大学の熊野寮への強制捜査を行った。

 強制捜査の口実は、11月2日に行われた集会とデモ(安倍内閣打倒、特定秘密保護法反対、辺野古への基地移設反対)で「公務執行妨害」によって(もちろんでっち上げ)中核派の活動家を逮捕したことである。

 京都大学に京都府警公安部の刑事が事前に「大学の許可なく」構内に侵入し、捜査を行ったことに対して、京大生が警官を拘束し、糾弾する行動があった。一部の報道では、「警視庁の捜査はこれへの報復」などと問題を矮小化しているが、ことはそんなに単純ではない。


学生運動・人民運動に露骨に敵対
 
 「特定秘密保護法案」については、その適用範囲が全く曖昧であり、「報道の自由」が侵害されるのではないかとの危惧が常につきまとっていた。

 安倍内閣は「そんなことはない」と説明しているが、だれもそんなことは信用していない。

 さらにアベノミックスの行き詰まり、労働者、中小零細企業の生活の破綻、派遣法の改悪をはじめとする労働法制の改悪、そして実質的な憲法の改正・集団的自衛権の行使など国民の生活を破壊し、日本を「戦争ができる国」にシフトを切ろうとしている。また事故の原因が未だ究明されていないのに、原発を再稼働、はては輸出するなど、露骨な独占資本に肩入れする政治を進めてきた。

 これに対する、労働者・学生などの反撃も当然強まっている。11月16日に投票・開票された沖縄知事選挙における翁長氏の圧勝。

 一勝一敗をねらった那覇市長選挙でも、自民党・公明党の候補が敗退した。

 こうした静かではあるが、着実に進行している労働者・学生の行動に対して「見せしめ的に」政府・警視庁公安部(もともとは戦前の特高警察)熊野寮に乱入し、「あの人たちは特別だ」といったイメージを与え、行動を押さえつけようと動き出したのである。


労働者・学生の側が安倍内閣を追いつめている証拠 

 こうした安倍内閣の行動は、実は彼らがもうどうにもならないところまで追い込まれている証拠でもある。

 アベノミクスで賃金が上がったと言っても、物価上昇により実質賃金は低下しており、ほとんどの労働者はその実感が全くない。一部の大企業と大株主だけが、株高と円安で大もうけしている。労働法制の改悪が進み、非正規労働が当たり前の社会になってきている。安倍の経済政策、国防政策への批判と不安は日増しに増大している。

 労働運動、学生運動が高揚する前に、熊野寮への捜索を行い、人民運動への先制パンチを安倍内閣は食らわしたのかもしれない。


これからがチャンスだ

 前回の総選挙で自民党は民主党の失策を巧みについて、政権に返り咲いた。第1次安倍内閣の失敗に懲りて、今度は慎重に政局を運営するかに思われた。

 しかし出てきたのは、労働法制の改悪。金持ちと大企業だけが優遇される税制、政治家の腐敗現象であり、日本の行く末を危うくするような法律の制定ばかりである。

 消費税は8%になってもどれだけが福祉に回されているか、我々には知るよしもない。

 沖縄知事選挙に見られるように、自民党・安倍政権を崩壊させるときが来ている。幸い首相自らが解散・総選挙を決断した。

 小選挙区制は一つ間違えば、与党といえども大敗北することもある。選挙で全てが解決できるとは思わないが、相手が与えてくれた絶好の機会、生かさない理由はない。


投稿者: rodo-info 投稿日時: 2014-8-22 23:19:45 (2992 ヒット)

非正規社員の均等待遇求め郵政産業労組が提訴





社会保険労務士 繁田哲夫


 郵政産業ユニオンは現在、手当にかんして非正規社員の待遇を正社員と均等に扱うよう求める裁判闘争をたたかっています。その内容について、郵政産業ユニオンの組合員であるもある社会保険労務士の繁田哲夫氏が、顧問先の天六ユニオンでおこなった講演で問題提起した内容を掲載します。






 天六ユニオンの組合員の皆さん。天六ユニオン顧問社労士の繁田です。今回は、私の所属する、郵政産業労働者ユニオンが、4月に東京地裁に提訴した、「労働契約法20条にもとづく、均等待遇を求める訴訟」について、問題提起します。


まず労働者が知っておかなければならない労働関係の法律

 釈迦に説法かもしれませんが、郵政ユニオンの訴訟問題の前に、労働者が最低限、経営者と渡り合うために、知っておかなければならない法律があります。

 最近の経営者は、全体的に労働組合が弱体化していることをいいことに、余り勉強していません。ブラック企業がはびこる大きな原因はここのあるのですが、逆に言えば労働者や組合が、理論武装すれば、勝てると言うことです。

 まず、はじめに労働基準法です。これは使用者が守るべき、最低限の労働条件を明記してあります。使用者の違反行為には、刑法が適用され、禁固や罰金、懲役もあり得ます。

 2番目に知っておく必要があるのは、労働安全衛生法です。どういう職場環境で労働者を働かせることができるのか?職場の安全・衛生管理体制はどうなのか?を明記しており、労働災害を未然に防ぐための法律です。

 3番目は、労働者災害補償保険法、労災保険法です。労働災害が発生したらどのような処置を執らなければならないか。具体的な手続きも含めて書かれています。

 次は雇用保険法です。労働者が失業したとき、育児休業に入るときなどの項目が書かれています。

 パートタイム労働法も大切です。いままでパートタイム、短時間労働者は、そうであるが故に、労働基準法を適用しなくてもいいと勝手解釈されていました。しかし短時間労働者も労働者の一員です。パートと言うだけで、正社員と差別されることは、「法の下の平等」に反すると言うことで、施行されました。

 そして今回、問題となっている「労働契約法」です。労働契約法はわずか22条の条文しかありません。しかしここに書かれていることは、労働者や労働組合、特に非正規雇用の労働者が闘う上で、大きな武器となります。


労働契約法20条の言いたいこと
 
 少し長くなりますが、労働契約法20条の条文を紹介します。

 第20条(期間の定めがあることによる不合理な労働条件の禁止)
有期労働契約を締結している労働者の労働契約の内容である労働条件が、期間の定めがあることにより同一の使用者と期間の定めのない労働契約を締結している労働者の労働契約の内容である労働条件と相違する場合においては、当該労働条件の相違は、労働者の業務の内容及び当該業務に伴う責任の程度(以下この条において「職務の内容」という。)、当該職務の内容及び配置の変更の範囲その他の事情を考慮して、不合理と認められるものであってはならない。

 つまり有期雇用契約の労働者が期間の定めのない労働契約をしている労働者(この場合一般的に正規雇用を言う)と同じ仕事をし、同じ責任を持っているのなら、不合理と認められる労働条件で働かせてはいけないと言うことです。

 同じ仕事をして正社員には付く手当が、有期雇用労働者には付かないのはいけないと言うことです。


日本郵便ではどうなっていたのか?●
 
 では日本郵便ではどうなっていたのでしょうか?
 現在、日本郵便の賃金体系は非常にややこしくなっており、外部の人が聞いてもわかりにくいところがありますが、今回の訴訟で焦点となっているので、取り上げます。

ヽ位該邏伴蠹
 郵便配達の労働者が作業に従事した際に付く手当です。最高1090円〜最低570円(日額)です。この最高と最低というのは、現在、日本郵便では評価給が導入されているからです。
 この外務作業手当は、正社員のみに付きます。

⇒絞愕位涯般垣債娘蠹
 どれだけ郵便物を配達できるか、どれだけ配達できる地域を覚えているかで付く手当です。最高16500円〜最低5100円(月額)です。これも正社員のみに付く手当です。
逆に言えば非正規雇用の労働者(時間給制社員)が正社員より仕事ができても、1円もつきません。

年末年始勤務手当
 郵便局は、年末がかき入れ時です。正社員が12月29日〜31日に出勤すると1日4000円。3が日に出勤すると1日5000円の手当が付きます。これも非正規雇用の労働者はなしです。

 その他、住居手当、季節休暇、病気休暇などは正社員にだけ付与され、非正規雇用には一切付与されないか、されても低額です。
 こういった格差をなんだかんだと計算すると、1年間でおよそ200万円の差が出ています。つまり日本郵便は、非正規雇用労働者に正社員と同じ仕事をさせながら、200万円の差額をふところにねじ込んでいると言うことです。


ぼろがでた、ずさんな労務管理
 
 本来ならこうした問題は、昨年4月に改正「労働契約法」施行されたときに、大幅な変更を企業がすべきでした。

 しかし日本郵便や私のいる日本郵便輸送などは、そういった作業を完全にさぼっていました。裁判をやられて敗訴しないと物事の道理が理解できないのが、この国で最大のブラック企業日本郵便なのです。

 ただ彼らは、「同じ職責」の問題では、「非正規には配置転換がない」と言い訳するでしょう。ここは論争の余地ありです。裁判で労働者側の弁護士の先生が、どのような論陣をはるか、興味のあるところです。


もう一つ大切なこと
 
 労働契約法のもう一つ大切なことは、有期雇用労働者の無期雇用転換の問題です。これは18条に書かれていますが、5年間雇用契約を更新してきた労働者が、6年目の契約を結んで以降、「無期雇用にしてくれ」と申し入れると、事業主はこれを拒めません。

 ただ相手も馬鹿ではないので、この法律の裏技、つまり5年間の契約期間中に6ヶ月以上の空白期間があればこの申し出を拒否できるようになっています。つまり3年目に入ってから6ヶ月「契約空白期間」を作ると言うことです。この取り決めは2013年4月から有効で、それ以前の契約期間はカウントされません。


画期的な訴訟に注目しましょう
 
 今回、郵政産業労働者ユニオンが始めた訴訟は、たぶん大企業では最初の、大型訴訟になる予定です。

 手前みそで恐縮ですが、関東で3名の方が提訴に踏み切り、西日本でも6名の方が提訴準備中です。合計9名が訴訟を起こすわけです。普通なら原告団に主任の弁護士の先生が1人、補佐の先生が2人ぐらい付くのですが、今回は原告1人に弁護士1人というマンツーマン体制です。

 しかも訴訟費用は、全て中央本部持ちです。東京や大阪の労働者の味方になってくれる弁護士の先生方は大変ですが、この訴訟が勝訴するようなことにでもなれば、今までの労働法の体系が大幅に変更になる可能性もあります。

 またみなさんが、職場で理不尽な待遇を受けている場合でも、契約法20条を活用して、非正規雇用労働者の待遇改善に向けて行動を起こすことができると思います。

 もう一度職場の実際を見つめ直し、すぐ訴訟とは行かないまでも、労働者の権利を拡大していくためにともにがんばっていきましょう。


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 50 »
検索
テーマ別の記事(選択してください)
テーマ別の最新記事
[ HOME ] [ NEWS ] [ BBS ] [ DOWNLOAD ] [ LINK ] [ FAQ ]