メインメニュー
このサイトについて
話題のテーマ
出版物紹介
アクセスカウンタ
10232798

2232 :昨日
0228 :本日
会員専用ページ・ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
投稿者: rodo-info 投稿日時: 2005-9-20 21:31:00 (1220 ヒット)





 編集部は、福岡県在住の24歳のフリーター労働者から、仕事や生活の実態、日ごろの思いなどを聞くことができた。その声を紹介しよう。

仲間と助け合いながら働いている

あるフリーター労働者(福岡県在住・24歳)の思い


 学生の頃アルバイトのつもりで働きだした。大学にいってもキャリアにならない限り先は見えていると考え、生活のこともあって大学を中退してフリーターではたらくようになった。いま、3つの派遣会社に登録して、より良い職を求めて働いている。

 仕事のなかでいろいろな人人と接触できた。いま、24〜25人とつきあっているが相談しあい、助け合いながら仕事をしている。みんなは、中学、高校のときでも成績はまあまあで、クラブ活動は活発にやってきたが落ちこぼれではなかった。大人になって社会にでたら、「いつのまにか落ちこぼれになった」といっている。

続き... | 残り5257バイト | コメントする

投稿者: rodo-info 投稿日時: 2005-9-18 22:46:02 (1346 ヒット)


「労働通信」2005年7月号の記事より


 1990年代以降、職場や労働者をめぐる状況は大きく変化してきました。

 ものづくり産業の比率が減り、全産業でIT化がすすみ、パート、アルバイト、派遣などのいわゆる「不安定雇用労働者」が増えました。賃金体系も年功制から「成果・実績主義」への転換がすすみ、労働時間の管理のあり方も変形労働時間制や裁量労働制などの新たな方法が導入されるようになりました。会社の組織形態も、ピラミッド型から「フラット型」へとかわる傾向にあります。とくに若者たちは、おおくがフリーターという不安定で労働条件がわるい労働を強いられ、正社員になったものでも「成果主義」賃金のもとで過酷な競争に追い立てられています。

 そうしたなかで、人人の働き方や意識は変化し、労働者同士の人間関係も変化してきています。それは、労働運動や労働組合のあり方にも大きな影響をおよぼさざるをえません。

続き... | 残り3067バイト | コメントする

投稿者: rodo-info 投稿日時: 2005-7-30 10:14:00 (1461 ヒット)

メーカーから踏み倒される残業代




「労働通信」2005年5月号の記事より
運輸労働者 川田 賢


 ある大手酒造メーカーの九州工場の製品配送を請け負っていた運送会社2社が倒産した。ほかの3社も営業所の閉鎖や減車などでこのメーカーの仕事から撤退した。数カ月で、トラック4トン車4台、大型車6台、合計10台が減車となった。

全文を読むには下記の<続き・・・>をクリックしてご覧下さい。

続き... | 残り2373バイト | コメントする

投稿者: rodo-info 投稿日時: 2005-7-14 10:30:00 (1270 ヒット)


「労働通信」2005年5月号の記事より


 パートや派遣などの不安定雇用労働者の増大、「成果実績主義」の導入、組合の組織率の低下や弱体化のなかで、いま、職場での人間関係も大きくかわっています。その実態はどうなっているのか、それをどうとらえ、どのように対処していくかは労働運動にとって大きな課題となっています。本誌では、この問題をふかめていく一歩として、今回は郵便輸送の労働者のレポートを掲載しました。みなさんの投稿をお待ちしています。



10年前の「合理化」から職場の人間関係が変わってきた


「日本郵便逓送労働者 繁田哲夫

 私が今の職場に入ってから、はや四半世紀の時間が過ぎました。この間、職場の様相は様変わりし、それにあわせて、職場の労働者の人間関係も大きく変わってきています。

 私の職場は郵便輸送の会社であり、組合はJPU(もと全逓)です。入社した頃は班体制があり、1班、2班が泊まり勤務、3班が日勤勤務の体制です。このような体制ですから、1班、2班などでは、勤務終了後レクレーション活動やスポーツなどをある程度集団で取り組めることができました。また労働組合への求心力もあり、組合役員自体も活動しやすい状況でした。それに勤務体制がわかりやすいので家族ぐるみでの旅行や今の季節でしたら花見などを催したり、グループごとに分かれるという傾向はありますが、つり、野球、卓球などの活動がかなり盛んにおこなわれていました。

全文を読むには下記の<続き・・・>をクリックしてご覧下さい。

続き... | 残り3907バイト | 2コメント

投稿者: rodo-info 投稿日時: 2005-6-30 22:00:00 (1295 ヒット)


「労働通信」2005年5月号の記事より

 小泉首相は3月4日、担当閣僚に郵政民営化法案の作成を指示した。
 これを契機に自民党内では、民営化推進派と反対派が対立を激化させている。4月13日に開かれた自民党の郵政関係議員でつくる郵政事業懇話会(綿貫民輔会長)の総会――衆院72人、参院29人の議員出席――では、政府の郵政民営化法案について「党におしつけ了解を迫る対応は、議会制民主主義を否定するものだ」と批判する民営化反対の決議文を採択している。 

続き... | 残り7402バイト | コメントする

« 1 2 3 (4) 5 6 »
検索
テーマ別の記事(選択してください)
テーマ別の最新記事
[ HOME ] [ NEWS ] [ BBS ] [ DOWNLOAD ] [ LINK ] [ FAQ ]