メインメニュー
このサイトについて
話題のテーマ
出版物紹介
アクセスカウンタ
9746574

3945 :昨日
7209 :本日
会員専用ページ・ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
投稿者: rodo-info 投稿日時: 2006-4-25 0:18:00 (5395 ヒット)



労働法の抜本的改悪が狙いだったCPE


「労働通信」2006年5月号の記事より

 フランスではこの1月いらい、26歳以下の若者の解雇を容易にする「初期雇用契約」(CPE)に反対する学生や労働組合の抗議行動がつづいてきたが4月10日、ついにドビルパン首相がCPEの撤回を表明した。

 ドビルパン首相は1月なかばに、青年の失業問題解決の切り札として、CPEをうちだした。それは、26歳以下の若者を対象として「試用期間」を2年間にも延長し、その期間は理由も告げずに自由に解雇することができるようにすることで、企業経営者に雇用を促進しようとするものである。

 ドビルパン首相は、この法案の審議にあたって、慣行となっている労組代表との事前協議も無視し、国民議会(下院)では審議打ち切りと表決無しの法案採択を強行した。

 これにたいして、当の若者が強く反発し、2月7日に全国学生連合(UNEL)、全国高校生連合とフランス労働総同盟(CGT)をはじめとする6労組が共同して第1回の抗議行動を始めたのを皮切りに、参加者は第1波(2月7日)40万人、第2波(3月7日)100万人、第3波(3月18日)150万人へとふくれあがった。この間、学生ストや占拠・封鎖は、全国84大学のうち、60以上の大学で、高校でも4300校のうち600校以上にひろがった。

 3月28日には労働組合が全国規模のストライキに入り、抗議行動には300万人が参加した。4月4日にも第2回目のストライキがたたかわれ、高速列車TGVの28%、在来特急の55%、パリ郊外線の49%が運休した。

 本誌では、このフランスでのCPE問題を英語で世界に発信しているインターネットのブログlibcom.org/blog - unrest in france に掲載された、労働問題の専門家・フロランス・レフレーヌ氏へのインタビューをブログ主宰者の承認を得て翻訳・紹介する。インタビューは、CPEが撤回される前の抗議行動のさなかでおこなわれたものであるが、問題となったCPEの内容について詳しく述べており、今回のたたかいの背景を知るうえで参考とすることができる。

全文を読むには下記の<続き・・・>をクリックしてご覧下さい。


続き... | 残り11639バイト | コメントする

投稿者: rodo-info 投稿日時: 2005-5-1 12:30:00 (5339 ヒット)

非暴力と多様性を基軸にした国際連帯――ポルト・アレグレで開催された第5回世界社会フォーラムに参加して




村岡  到
「労働通信」2005年3月号の記事より


 1月26日から31日にブラジルのポルト・アレグレ(歓喜の港)で開催された第5回世界社会フォーラム(WSF5)に参加した。

 今年で5回目となるWSFは、各国政府が集まるスイスのダボスでの世界経済フォーラムに対抗する国際的イベントで、昨年はインドのムンバイで10万人を集め、今年は135ヵ国から15万5000人が参加した。

全文を読むには下記の<続き・・・>をクリックしてご覧下さい。

続き... | 残り12434バイト | コメントする

投稿者: rodo-info 投稿日時: 2004-11-27 16:53:32 (5569 ヒット)

非正規雇用法改悪に反対して韓国民主労総がゼネスト


2004年11月27日ホームページ掲載


 韓国の民主労総が11月26日、ノ・ムヒョン政権が提案している非正規雇用法の改悪などに反対して6時間のゼネストに突入しました。民主労総の集計によれば、ゼネストに突入したのは、全国275労組, 398個事業場で15万6千名余の組合員です。ストライキのおもな要求項目は、“鸚亀労働法改悪阻止・権利保障立法獲得、韓日FTA交渉阻止、イラク派兵延長同意案阻止、す餡畔欅陀’兒漾宗修覆匹任后 

続き... | 残り1630バイト | コメントする

投稿者: rodo-info 投稿日時: 2004-11-18 21:31:54 (2287 ヒット)


「労働通信」2004年9月号


 ドイツでは、生産拠点の海外移転か、労働条件の大幅な切り下げかをめぐる独占資本と労働者階級との攻防が激化している。

続き... | 残り1689バイト | コメントする

投稿者: rodo-info 投稿日時: 2004-10-5 23:27:57 (2131 ヒット)

 

千葉県・小学校教師・前田伸治
「労働通信」2004年5月号

 「豊かな国」。これが私のベトナム旅行の感想だ。

 「ベトナム大縦断 世界遺産紀行七日間」のツアーの第一日目はハノイから始まった。

続き... | 残り8771バイト | コメントする

検索
テーマ別の記事(選択してください)
テーマ別の最新記事
[ HOME ] [ NEWS ] [ BBS ] [ DOWNLOAD ] [ LINK ] [ FAQ ]