森友、加計、そして共謀罪〜何度でも騙されてよいのか

投稿日時 2017-6-24 9:11:31 | トピック: 学習会・現労研の活動

森友、加計、そして共謀罪〜何度でも騙されてよいのか





半木 智

「安倍総理に代わる人がいないから安倍さんを支持します」と言う人達に対して、「安倍さん以外だったら誰でもいい」と言っていた私の正しさが証明されました。

 森友学園、加計学園そして共謀罪について、政府、首相の説明に納得できないという人が圧倒的です。しかし、私は逆に、とても分かり易い、納得できる説明だったと思います。

 昭恵夫人、前川前事務次官に対する証人喚問。森友学園への国有地払い下げに関する財務省における値引き交渉の文書。加計学園の獣医学部新設に対する政府、今治市の厚遇実態。文科省と内閣府の説明乖離。共謀罪審議過程における虚偽答弁。

 「丁寧に説明」どころか、全てにおいて安倍さんは逃げまくっています。これは、これらの課題に対しての問題点の指摘が正当だという何よりの証拠です。簡単に言ってしまえば、後ろ暗いから、説明ができないから逃げているだけです。世間ではよくある事ですが、一国の総理としてこれほど浅ましい姿はありません。

 森友学園、加計学園については自分の親しいお友達に対する便宜供与。これは汚職です。共謀罪については、テロ対策のために必要だという嘘の看板で、国家権力に対する抵抗勢力を一網打尽にしたいという独裁者の願望。民主主義の否定です。

 どうしてこんな内閣の支持率が下がらないのか不思議だったのですが、やっと下がり始めたようです。しかし、それもこの程度であれば、北朝鮮がロケットの2・3発も打ち上げればすぐに元戻りかも知れません。

 とりわけ問題が多いのは共謀罪です。これは治安維持法の復活です。
 
 こんなに酷い立法過程は初めてでした。国際犯罪防止条約を批准するために必要だ。これが無ければオリンピックが開けない。一般の人達が対象になることは無い。これらの説明がことごとく嘘だったという事は、今や明らかです。ここの所が理解できない人は自分の不勉強を恥じてください。少し注意深くなるだけで分かる話です。恥じない人達が民主主義を駄目にします。

 あまりにも酷い内容に日弁連、国際ペンクラブ、国連の人権委員会までもが懸念を表明しました。これらの組織は言論の自由と人権保障を専門とする最高レベルの人の集まりです。不勉強は仕方が無いにしても、せめてこれらの組織からの異例とも思える勧告が気にはなりませんか。

 かつてこの国は、満州事変に絡んだ国際的非難に抗して国際連盟を脱退しました。その後の悲劇を知らない人はいないでしょうが、あの時の政府も、間違っているのは世界の方だと言い張ったのです。

 改めて言いますが、戦後、「私達は騙されていた」と言う人々を、伊丹万作が痛烈に非難しています。「騙されていた」で事足れりとしているような国民は、今後何度でも騙されるだろうと。

 ついでに言っておきますが、安倍さんが大きな影響を受けたとされる安倍さんのお祖父さんは満州国の最高幹部でした。

 こんな事を書いていると私も共謀罪の適用対象にされそうです。施行前でよかった。







労働運動について考える『労働通信』のページにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.rodo.info

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.rodo.info/article.php?storyid=253