メインメニュー
このサイトについて
話題のテーマ
出版物紹介
アクセスカウンタ
11418867

2674 :昨日
1188 :本日
会員専用ページ・ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
雑談・トーク・何でもあり(過去ログ)
[トップに戻る] [BBSトップ] [留意事項] [ワード検索]
新たな掲示板へ移行します 投稿者: 管理人ラム 投稿日:2008/05/29(Thu) 01:52 No.558  
このページへの新たな書き込みはできません。過去ログとして残します。

新たな書き込みは下記へお願いします。
http://www.rodo.info/modules/yybbs/viewbbs.php?bbs_id=6


なんだかねえ 投稿者: 焚火派GALゲー戦線 投稿日:2008/05/28(Wed) 22:35 No.555  
この財団法人がいい仕事をしているのか大して役に立っていないのかは知らない。
 それでも、既に大阪府が寄付した44億円の返還を求めるやりかたはどうか?
 返還を拒否される(そりゃ、「寄付だ」としてくれたものだから、それ自体は普通の反応。)と「納税者を愚弄するな」は・・・。(もし、変な寄付をしたと思うのなら背任でどうして、その寄付をした当時の大阪府知事を告発しないのだろうか? 故人である横山ノックならともかくとして)
 また、「理事会で2/3以上の賛成が必要」と答えると「結果に合わせて法律を変えればいい」とか、この人本当に弁護士なのだろうか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080528-00000005-mai-soci


自己レス 投稿者: 焚火派GALゲー戦線 投稿日:2008/05/28(Wed) 22:38 No.556  

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080528-00000005-mai-soci

都合のいいときだけ「府でやれる」なんですね。


Re: 自己レス 投稿者: 管理人ラム 投稿日:2008/05/29(Thu) 01:35 No.557  

> http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080528-00000005-mai-soci

たしかに、この団体がいいことをしているのかどうかはわかりませんが、いったん寄付したのだから基本的にその財団のものでしょ。しかも、府の施策として設立したものです。随分前の知事のやったことかもしれませんが、不民から見れば府の施策でやったことです。黒川さんとかいう理事長さんにしたって、いきなりそんなこといわれって、どうしようもないでしょう。

橋本さん、目立ったことばかりが好きですが、こういうやり方では根本のところで財政再建も難しいでしょう。


ほんとの雑談『義務と権利は対か?』・・・という言い争い 投稿者: えんどう たかし 投稿日:2008/04/10(Thu) 20:13 No.525  
 昨日、ある大学の事務局に連絡し、若干の言い合いになった。
 まあ、今思えば大人気なかったかな〜。しかし向こうが折れなかったものだから数分間の話になった。

 発端は、大学に在学中の学生対象の日本学生支援機構奨学金の説明会と申請書の配布(一日限りしかも、その時間までに到着した学生に限り受給資格を与えるという配布方法)の告示を大学が掲示板で行ったことに対する事、その他、学部の事務局が学生(我が子ではないが)をたしなめたことについて、私の問いかけに対する大学事務局担当者の反応であった。・・・が話題が完全に逸れた。

 私が「そもそも奨学金申請書の配布期間が説明会当日のみというところに大学側の配慮が足らず不適切であったのではないか?また、掲示板によるのであれば掲示の時期・周知期間をおくことはもちろんのこと、配布の時期・期間についても数日間設けることが社会通念上必要なのではないか?」。
 彼曰く「大学の掲示板を見るのは学生の義務である」と。
 そこで、私は「それは責任ないし責務ということであって、掲示板を見ないことが不利益につながる場合があるが、義務ということは誤りである」(今考えると、義務と責務を区別する利益は事実上あまり無いのでは・・・とも思うが・・・)。
 彼はすかさず「学生には様々な権利を与えており、権利には必ず義務が伴う」。
 私「権利と義務は必ずしも対になっているとは限らない」。
 ・・・その後、数回の応酬があり、彼が譲らず、私のほうから「この話はおいておきましょう」と、互いに留保して、本題に戻った・・・。

 彼は、公法関係・民法などについて知識を持っていたと考えられるが、権利義務に関し、論理学ないしは哲学の考え方に傾倒しているのだろう。私が当初、譲らなかった理由は、今、制度の話をしているのだから、思想やモラル・道徳的義務に話を広げることは、不当だと感じたからである。

 ヘーゲルによれば、『抽象法においては自然が権利を持ち他者がそれに対する義務を有するが、普遍的意思と特殊的意思との人倫的同一性において義務と権利は一つになり、人間は人倫的なものを通じてかれが義務を有する限り権利を有し、権利を有する限り義務を有する』。カントもたしか『義務は、道徳的な必然性を持つ要求(当為、道徳法)が人間の意志や行為に与える強制ないしは拘束をいう』。とし、ストア学派、キリスト教などの、道徳の基準を法則や立法におく倫理の立場で重んぜられた、と記憶している。

 一方、現在我々の法秩序では『権利』・『義務』とも、法律上根拠付けられたものであって、双方には何らかの因果関係があるものの、すべての権利義務を一対のものとして等価に扱うには例外が多すぎるだろう。
 例として、赤ん坊は生まれるやいなや権利主体となるが、しかし、義務を理解することも履行することも無理というものである。これに対し、その親は、制度管轄に基づく赤ん坊を保護するという作為の義務を負うのである(ドイツ刑法学「ロクシン」や「ヤコブズ」ら)。 これは、“誰か”の権利が、“他の誰か”によって基礎付けられているということを示してはいるが、個別の人間が権利を得るために義務を履行しなければならないということを意味してはいない、ということである。

 わが国公務員に課された制度管轄者としての「義務」もまた、権利の代償性を意味しない。公務員に与えられるのは「権限」であって権利ではない。まあ、デュープロセスということを考慮すれば、公務員には身分保障や一定の経済的保障が与えられるが、しかしこれらは、失われた平等を回復するため他の利益と交換すること(社会的に負担すること)であって、権利そのものを義務という代償をはらって手に入れているわけではないだろう。・・・と、もう少し私は彼に言いたかったのであるが・・・。 


Re: ほんとの雑談『義務と権利は対か?』・・・という言い争い 投稿者: 管理人ラム 投稿日:2008/04/11(Fri) 01:58 No.526  

えんどうさん

いつも話題提供ありがとうございます。

この大学の事務職員さん、「彼は、公法関係・民法などについて知識を持っていたと考えられるが・・」とのことですが、そんな高尚な話でしょうか。実際には、自分たちの仕事ぶりの不備を指摘されたことにたいして、なんだかんだと屁理屈をこねているとしか考えられません。

学生が掲示板を見るのは義務だとしても、4回生ぐらいになれば必ずしも毎日来るわけでもないです。低回生でも学費生活費を自分で稼いでいる学生諸君なども、毎日キャンパスに来るとは限りません。

なのに、パット見せて、ぱっと隠すような掲示のしかたでは不公平である。誰が考えてもそうでしょう。

権利とか義務とか、そんな言いぐさ、くそ食らえですわ。労働者として、もっと自分の仕事に責任感と誇りをもってほしいと思いました。


Re[2]: ほんとの雑談『義務と権利は対か?』・・・という言い争い 投稿者: えんどう たかし 投稿日:2008/04/11(Fri) 23:14 No.527  

 ラムさんいつもレスポンス戴きありがとうございます。

 この話、「前日談」と「後日談」がありまして、実は、一昨日、文部科学省に私が申し入れて、文部科学省学生支援課から、現状の制度運用を改善する方向で日本学生支援機構と話し合い、対応するという回答をもらっておりました。
 すると、早速、本日2008年4月11日 独立行政法人日本学生支援機構より電話連絡があり、一昨日(4月9日)、少なくとも「学校法人東京電機大学」に対し、同機構奨学金制度の申し込み、学生への周知、申し込み用紙の配布について改善するよう申し入れを行ったところです、という知らせがありました。
 同機構が当該大学に申し入れた内容は下記3項目の要旨です。


 1.各大学における申込書の配布方法について
 大学在学中に当該大学で学生支援機構の奨学金の説明会について、掲示板等で説明会の日程や説明会に出席することのみを条件に当該申請書をその時限りで配布している場合、〃納板等での周知時期や期間が適切かどうか、大学側の一方的な日時の指定により止む無く配布(申請書の交付)を受けられないといったことがないようにすること。

 2.学生支援機構奨学金の申請の機会が奪われないこと
 学生支援機構奨学金の申請の機会が奪われぬよう、各大学においては、‥切な周知時期と期間を確保すること、⊃柔曾颪稜柯曚砲弔い討癸影のみではなく、適切な配布期間(少なくとも数日間)を設けること。

 3.第1種・第2種奨学金の併用をさせない規定について
 第一種・第2種奨学金は併用することが出来る制度であり、併用させない規定を当該大学が実施することは出来ないこと。学生に併用させることが可能となるよう改善すること。


 以上の内容になります。
 結構、ちゃんと交渉すれば一点突破するものですね。


Re[3]: ほんとの雑談『義務と権利は対か?』・・・という言い争い 投稿者: 管理人ラム 投稿日:2008/04/12(Sat) 08:14 No.528  

うぉー、すごい。クイック・レスポンスですね。

こういうケースでは、国やその外郭団体でも、ちゃーんと筋を通して交渉すると、こういう対応を得られるんですね。

それにしても、「お上」からガツンとやられた形となった東京電機大学の内部では、けっこう大変なことになっていることでしょう。屁理屈をならべた職員さんも上司からお叱りをうけているかも。

今後、大学が学生の立場にたって対応を改善してくれたらと期待します。


Re[4]: ほんとの雑談『義務と権利は対か?』・・・という言い争い 投稿者: えんどう たかし 投稿日:2008/04/12(Sat) 20:39 No.529  

 >「お上」からガツンとやられた<・・・から変えるるのでは本質から逃げていると思います。結局、今まで議論されていないのが問題なんですね。4年前に私は大学に下記の通り申し入れていたのに、これをそのままにしていたものです。
 http://osaka.cool.ne.jp/kohoken/lib/khk214a2.htm

 つまり、大学には自治権があり、そうすると大学自身が制度の運用について『社会に責任を持っている』ということを自覚してもらわなければならないのです。
 さらに、大学は『学問の府』なんですから、もともと“誰に言われたから”ということで改善するのではなく、疑問や苦情・議論があった場合に、『何を言っていてるのか?』が問題として取り上げられなければならないでしょう。

 誰に言われたか?ではなく、如何に言われたか?です。
 『学問の府』なんですから・・・。


“雑談”として・・・ 投稿者: えんどう たかし 投稿日:2008/03/16(Sun) 01:11 No.518  
 橋下知事 若手職員集めた初朝礼で激論(3月13日17時21分配信 毎日新聞)

 引用・・・大阪府の橋下徹知事は13日、30歳以下の職員約330人を集めた初の朝礼を行い、自らが進める財政再建に向けて意識改革を呼びかけた。若手職員がメールで「知事の考えていることが報道を通じてしか分からない」との意見を寄せたのがきっかけで、6月まで月2、3回課長補佐級以下の職員を対象に開く。しかし、この日は橋下知事の職員批判に出席者の1人が反発し、初回から激論になった。 
 朝礼は始業時刻の9時15分に開始。橋下知事は「9時にやりたいと言ったら『超過勤務になる』と言われた。民間なら始業前にやるのが普通」と主張。「たかだか15分、始業前の朝礼で超過勤務手当だと言うなら、税金で給料が賄われている皆さんの執務時間、私語やたばこ休憩は全部(給与を)減額させてもらう」とまくし立てた。
 これに対し、女性職員(30)が「ちょっと待って下さい」と・・・以上引用終わり。

 最近の“知事なる職”は、ずいぶんと幼稚になったという印象を受ける。「・・・私語やたばこ休憩は全部(給与を)減額させてもらう」という発言は、まあ、熱くなって“売り言葉に買い言葉”だったのであろうが、しかし、こうした発言のなかに、彼は、労働を人間がやっているということを身にしみてはわかっていないという印象を持つに十分だ。
 彼がそのような発言をする寄って立つ根拠を、もしも彼自身が持つとすれば、朝から若手職員数百人も集めて“朝礼”と称し好き勝手な持論(ムダ話)をする暇もなく、知事が制定権限を持つ「規則」でもって彼らを拘束し、また自らも、これに基づく執行権限のみを行使すればよろしい。

 10分15分について、とやかく言うべきではなかろうが、しかし、子を持つ職員にあっては、出勤時刻を15分早めるためには、朝の時間外保育を15分ほど早めて子供を預ける必要のある職員もいよう。
 たかが15分ではあるが、労働者各人がこの15分について早出を承認したからと言って、当該労働者を取り巻く社会制度がそれを許さない場合があることを知らないことが、橋下知事の幸せなところである。
 恵まれた環境の人間は、ギリギリの環境・時間帯で選択肢が乏しい数少ない社会資源を最小限度で利用しながら、ようやく就労している『労働者のリスク』というものが想像できないのだろうと思う。彼は誠に“お目出度い人間”と言うことが出来る。

 また、彼は10日、先週の府議会代表質問で「教員の評価をきちんとするように教育委員会に命じる」との趣旨の発言をしたことについて、「教育委員会に対して『命じる』という言葉を使ったことは知事として完全に間違っていた」と謝罪し、議事録からの発言削除も検討する意向を示した、というが、彼のリーガルマインドはこの程度だったのだろう(彼は弁護士でもある・・・司法試験に行政法と教育法を追加すべきだ)。

 ところで、テレビ朝日系番組のなかで、大谷昭宏氏からは「橋下さんは朝礼やったんだけど、向こう(職員)は団交だと思っているんですよ」と意識のズレを指摘されている。としているが、大谷氏の発言もずれていると思う(意図的にずらしているのだろう)。
 通常、公務員であれば少し前には職場に到着しているだろう。私のような毎日現場が違う労働者は遅くとも最低30分前には到着し、仕事の準備をするのが習慣である。
 しかし、決定的に違うのは「自主的に仕事の準備をしている」ということと、たとえ月一度であっても「義務」として強制されることである。大谷氏はこれを意図的に議論からずらしたのだと思う。

 しばらくの間、大谷氏の記事(月間社会民主と赤旗日曜版)は読まないことにしようと思う。


Re: 橋下大阪府知事のサービス残業の強要 投稿者: OVERKILL 投稿日:2008/03/27(Thu) 22:13 No.522  

 大阪府の女性職員が橋下大阪府知事と若手職員との会議でサービス残業の実態を告発していました。
 彼女は、自治労連大阪府職労の組合員です。彼女の発言は、府職労の役員や青年部員を通さなかったのです。この組合は、大阪労連の主力と明るい大阪民主府政の会の主力です。自治労連府職労が取り組んだノー残業デーの取り組みが、大阪府当局を揺るがすほどなかったのです。
 私が3月16日に参加した建交労関西支部のトラックパレードでは、日本共産党や大阪労連を含めた来賓が、サービス残業容認や橋下大阪府知事のことを取り敢えずじまいでした。
 私は、自治労連大阪府職労と自治労大阪府職労にサービス残業拒否や時間外労働の未支給の是正の取り組みをしているのかを問い合わせました。2つの府職労は、これらの取り組みをしていないことを明らかにせざるを得ませんでした。
 府職労が、職場の不満を吸収せずに大阪府に当たりさわりない組合運動してきたのです。大阪府の女性職員の告発は、橋下大阪府知事の労働者いじめと大阪府職労の家畜化へのアンチテーゼだと考えています。
 大阪大学では、労働基準監督署から職員のサービス残業の是正勧告を出されていました。自治労府職も、サービス残業の是正の取り組みをしていないのです。戸田ひさよし門真市会議員は、サービス残業を「残業手当を支払わない違法な残業」、
「労働者に奴隷的ただ働きを押し付ける残業」と言う意味に変更するように求めています。戸田ひさよし門真市議は、「無給残業」、「奴隷残業」、「手当未払い残業」、「違法残業」と提唱してます。
 大阪労連の加盟組合や連合大阪の加盟組合が、日本国憲法9条擁護だけでなくサービス残業の拒否と時間外労働に対する手当ての完全支給の立場を貫いて欲しいものです。


Re[2]: 橋下大阪府知事のサービス残業の強要 投稿者: えんどう たかし 投稿日:2008/04/08(Tue) 00:18 No.524  

 レスポンスいただいていた事に気がつかず失礼いたしました。 

 >  大阪労連の加盟組合や連合大阪の加盟組合が、日本国憲法9条擁護だけでなくサービス残業の拒否と時間外労働に対する手当ての完全支給の立場を貫いて欲しいものです。<

 まったく同感です。要は誰の発言か、が問題なのではなく、何を問題として取り上げた発言か?、なのだと思います。

 思いますに、“ただ働き”は、結局、リスクを回避しようとする労働者側にも、このリスクを他に転嫁しようとする行動を誘発し、社会的弱者にこれがしわ寄せとなって降りかかります。大型トラックやトレーラーが時間調整をするために公道を占拠したり、あらゆる職種・階層の者の大多数が、公共空間を利用するに当たり、フリーライダー化し“ただ乗り”しようとする行動を誘発することとなるでしょう。

 その結果、社会的にも環境的にも負荷が増え、社会コストが増大し、これを穴埋めするためには、またもや広く課税するという為政者の方向性に“正当性?”を与えることとなると思われます。

 コストを削減するに当たり、「ゼロサムゲーム(誰かの不利益で誰かの利益を確保する)」や「ただ乗り」するための知恵を出すのではなく、公共部門の無駄を省くことももちろんですが、真に公共部門に関するコストを公平に負担することをちゃんと議論しなくてはなりませんね。・・・と言うより、地方自治体におけるコスト削減は、これ以上はほとんど無理な状況でしょう。どちらかと言うと、地方交付税を増やすことを考えるべきでしょう(きちんと国民監視の上で)。


椎間板ヘルニア 投稿者: OVERKILL 投稿日:2008/03/27(Thu) 22:00 No.521  
私の知り合いは、椎間板ヘルニアにかかりました。知り合いは、1年前から椎間板ヘルニアにかかっています。知り合いは、食品関係の工場で軽作業のパートタイムで働いています。知り合いが、出来上がった製品をトレーに入れてトラックに積み込む時に腰を傷めていました。休みが、水曜日と日曜日しかなく年末年始の休みも少なかったために体を酷使していました。
 知り合いは、家に引きこもっていました。私が、すぐに診療所で様態を知るように強く要請しました。知り合いが、早速診療所に検診に行って、腰痛と診断されました。知り合いは、会社に行ったり、また休んだりしています。
 椎間板ヘルニアは、レントゲン撮影とMRIの撮影で症状がわかり、治療法も自ずとわかります。椎間板ヘルニアの治療は、自分勝手に判断せずに整形外科での治療がいいと思います。


Re: 椎間板ヘルニア 投稿者: 管理人ラム 投稿日:2008/03/28(Fri) 22:17 No.523  

OVERKILLさん

お疲れさまです。その知り合いの方は、椎間板ヘルニアで労災の申請はされるおつもりでしょうか。

業務との因果関係が明確であれば、椎間板ヘルニアでも労災にtねいされたケースはあるように聞いていますが。・・・


| 1| 2| 3| 4| 5| 6| 7| 8| 9| 10| 11| 12| 13| 14| 15| 16| 17| 18| 19| 20| 21| 22| 23| 24| 25| 26| 27| 28| 29| 30| 31|
NO: PASS:

このプログラムは KENT 氏の yybbs を xoops(PHP) に移植したものです
- KENT -

[ HOME ] [ NEWS ] [ BBS ] [ DOWNLOAD ] [ LINK ] [ FAQ ]