働通信 2003年1月号 (再刊213号)

目次

見出しをクリックすると、それぞれの記事の全文を読むことができます。

新たなたたかいに挑戦する労働運動

 

2003年を迎えるにあたって、当面する情勢と労働運動の課題について問題提起しています。


特集 賃下げ攻撃を許すな!

  ながびく不況、それに追いうちをかけるような「構造改革」、リストラがすすめられるなかで、おおくの企業で賃金の切り下げがすすめられています。公務員についても賃下げの人事院勧告がはじめてだされてます。その現状と労働者のたたかいについて調査・取材したり、読者のみなさんからの投稿などをいただき、考えてみました。

弱い立場にある労働者が 真っ先に犠牲に
 −中小企業やパートの現場から−

  これまで 「労働通信」ホームページに労働相談をよせた皆さん−−その多くが中小企業労働者やパート労働者−−に、最近の賃下げやリストラの実態についてEメールでインタビューした内容です。

労働者が精神的にも肉体的にも疲弊
 −大企業の現場から−

 大企業でも、成果実績主義の賃金体系により、労働者が深夜にわたる長時間労働をせざるをえない状況がうまれています。その実態を、IT産業と化学産業の労働者からレポートしてもらいました。

賃下げと都営交通民営化に反対してたたかう
東京都の労働者
 −自治体労働者のたたかいの前線から−

 人事委員会を使った賃下げ攻撃とたたかう東京都労連のたたかいの紹介です。

賃下げ攻撃のなかで起こった組合委員長「除名」事件
 −中小企業労組のたたかいの前線から−
    川田 貞夫

 激しい賃下げ攻撃のもとで、日通系列のある下請企業の労組で委員長「除名」処分問題が発生しました。この事件が問う問題を考えてみました。


ブッシュ政権はなぜかくも好戦的なのか

 ブッシュ政権は、アフガンへの侵略に続き、今度はイラクへの戦争をもくろんでいます。ブッシュ政権はなぜ、かくも好戦的なのか。その背景をさぐってみました。

書評

中国社会の変化と中国共産党の「三つの代表」論の
背景を分析
 −朱建栄著『中国 第三の革命』−
    評者 谷崎 肇
 

 

国際連帯の力で侵略戦争反対を

 

ほっと一息

社会変革のためにたたかった人々の足跡

銀閣寺〜法然院(京都・東山)

生粋の京都人

 

TOP | HOME

 

  バックナンバーと関連資料のページへ戻る