ーマ別関連記事・資料

職場の実態レポート

全国、各産業の職場でなにがおこっているか、各地の労働者がどんなことを考え、語り、行動しているかをレポートする記事です。


職場は忙しくなってきたが(2004年5月号)
 電機産業労働者

民営化後18年を迎えたNTT―労働者の犠牲で上げた膨大な利益(2004年5月) 

請負料の3割減を強いられる郵便輸送事業 (2004年5月号)
  ―日本郵便逓送労働者 三津木高志

楽しさを提供する筈のデパートの内幕(2004年3月号)
 加島あき

研究・開発部門と非正規雇用労働者が増える職場(2004年1月号)
  大手電機メーカー・A工場

郵便労働者はどうして民営化を恐れるのだろう(2004年1月号)
 久保 孝夫(郵便労働者)

このごろ職場に流行るもの・・・(2003年11月号)
 群馬県・郵便労働者 春田清

労働者の魂まで破壊する労災が増加(2003年9月号)
 ―関西労災職業病研究会・豊田正義さんに聞く―

拝啓 日本郵政公社総裁殿 職場の実態を御存知ですか(2003年9月号)
  日本郵政公社職員 恵比寿三郎

「真っ向サービス」で大混乱(2003年7月号)
 ―郵政公社発足後の職場では―

会社への怒り以上に政府への怒りつのる(2003年3月号)
 電機産業労働者 丸井 正人

初めての賃下げを経験した郵政労働者(2003年3月号)
 郵政労働者 明石 晴夫

特集 賃下げ攻撃を許すな(2003年1月号)

弱い立場にある労働者が真っ先に犠牲に(2003年1月号)
 −中小企業やパートの現場から−

労働者が精神的にも肉体的にも疲弊(2003年1月号)
 −大企業の現場から−


急変する技術についていくか、それとも失職か(2002年11月号)
−IT産業の職場からのレポート−

人減らしで否応なくスキルアップさせ「合理化」促進(2002年11月号)
−郵政事業の職場からのレポート−

労働者が精神的にも肉体的に疲弊していく日本の現実(2002年11月号)
−留学帰りの就職活動奮戦記−

郵政公社化の悲しい現実(2002年9月号)
東淀川亀吉

労基法のイロハ−−知らない、無視する経営者が増える(2002年9月号)
「労働通信」ホームページへの労働相談メールより

社員、期間社員、派遣社員が3分の1ずつのIT部品工場(2002年9月号)
電機産業労働者  野田洋子


水圧ホースをめぐるある日の出来事(2002年9月号)
清掃労働者 今井宏一


わからない子供が取り残されるのが心配(2002年9月号)
小学校教師 笠松正俊

運賃はバブル期の半分となり賃金体系は破壊される(2002年7月号)
福岡県・運輸労働者 川田和夫

ごみ収集業務をめぐる収賄事件で解雇の危機にさらされる労働者(2002年5月号)
東京都・清掃労働者 黒井秋敏

「骨」と「皮」だけになった職場では連日深夜までの激務が続く(2002年5月号)
大阪府・NTT労働者 松村健一

労働者の「階層構造」の枠をこえた職種別交流会が初めて取り組まれる(2002年3月号)
 東京都自治体労働者 荒木武雄

企業も社会主義的要素を取り入れなければ存続できない(2002年3月号)
  ―私のリストラ体験記―
 福岡県元化学関係労働者 島田健作

京成電鉄の「合理化」のことなど(2002年1月号)
  千葉県 小学校教師

20年かけて組合幹部が会社に手なづけられてきた(2002年1月号)
  中部地方 日本郵便逓送労働者

勤務中の私用インターネット等で100万円の損害損害賠償を請求された(2001年11月号)

品質向上運動に現場から反発(2001年11月号)
電機メーカー労働者

新コンピュータ制御システムがもたらしているもの(2001年9月号)
 −東ソー労働者 水谷郁男−

加速する電機産業の構造改革(2001年9月号)
 −電機産業労働者 谷崎肇−

「組合運動新生ビジョン」を考えていこう(2001年9月号)
 −郵便労働者 恵比寿三郎−

売上が減ったのに利益を大幅に増大させたデパートの(2001年7月号)
 山口県・デパート労働者

51歳以上の労働者全員の首切りを打ちだしたNTT(2001年7月号)
 大阪府・NTT労働者

1万3000人の首切り強行する郵便新生ビジョン(2001年7月号)

100万円以上の年収減もたらすリストラに憤激高まる(2001年5月号)
全逓近畿日逓支部 繁田哲夫

魅力ある社会・経済構造の展望が必要(2001年3月号)
自動車産業労働者・貝原 一

過去最高の増収増益でも賃金抑制は続く(2001年3月号)
電機産業労働者・片山 茂

虹を追っかけるような運動を総括して(2001年3月号)
清掃労働者・今井宏一

公社化へむけ抑圧つよまる郵便の職場(2001年1月号)
「分割・民営化」直前の国鉄職場とそっくり

現場から見たIT――自動車(2000年11月号)

現場から見たIT――運輸(2000年11月号)

1人1人の労働者に個人ノルマを設定(2000年7月号)
−近畿地方の郵便局−

「グローバル化」で一時的活況(2000年7月号)
東海地方・電機産業労働者 篠田 明

泣き寝入りはしないと、がんばる労働者(2000年7月号)
近畿地方・電機産業労働者 野村 幸子

生活のためには長時間労働しかないドコモショップ(2000年5月号)
―ドコモショップ労働者・高橋エリ子―

「電話からマルチメディアへ」の転換で大リストラにさらされるNTT労働者(下) 2000年5月号
―NTT労働者・松村健一―

「電話からマルチメディアへ」の転換で大リストラにさらされるNTT労働者(上) 2000年3月号
―NTT労働者 松村健一―

「国際競争への生き残り」のために、一段と厳しくなる職場(2000年3月号)

 

特集 21世紀直前の労働者の状況 (2000年1月号)         

 

 

この記事のTOPへ戻る

バックナンバー紹介のページへ戻る

HOMEへ戻る