ーマ別関連記事・資料

労働戦線をめぐる情勢と課題

全国的な労働戦線情勢についての調査、研究、報道をおこなう記事です。


連合評価委員会「最終報告」をどうとらえるか(2004年3月号)
 ・現状の連合とはまったく異なる労働組合像がなりたつ
   ―管理職ユニオン・関西 書記次長 大浜 和明―
 ・民間大企業の労働組合は再生しうるか?
   ―民間大企業労組役員 高橋  祐一―

04春闘の取り組みへ向けた提案(2004年1月号)
  「労働通信」編集委員会

正規職員の既得権擁護だけでは運動の限界に直面(2003年11月号)
 ―自治労全国大会に現れた労働運動の課題―
   村井 哲三

誌上討論 主要労組の大会方針をめぐって(2003年9月号)
・この土俵でまわしを取らなければ相撲にならない
  ―全逓支部役員・久保孝夫―

・一人一人の労働者が理解し、できる指針を
  ―電機産業労働者・谷崎肇―

2003春闘

*政治的・社会的なたたかいの追求を(2003年3月号)

 <インタビュー>
*企業内組合の枠を超えてたたかう(2003年3月号)
 ―全港湾建設支部 中村猛さんに聞く―

*解雇の自由を狙う労基法改悪(2003年3月号)

 

運輸労連携労組が労働組合の存在意義を問う討議資料を配布(2002年11月号)

強まる郵政民営化の動き(2002年3月号)
  職場から労働組合の力を強化することが課題

【講演要旨】
企業内組合の少数派から多数派へ(2002年3月号)
東京東部労組 足立実

【講演要旨】
すべての道は社会主義に通じる(2002年1月号)
東京東部労組 足立 実

小泉「改革」とたたかい社会主義をめざす労働運動を(2002年1月号)
          
2002年を迎えて

職場闘争の一手段として活用できる個別紛争解決制度(2002年1月号)

2002春闘
2001春闘

  特集 グローバル化と2001「春闘」(2001年5月号)

特集 社会のあり方を問う「春闘」へ(2001年3月号)

2001春闘ネット討論会(掲示板) 2001/1/14〜

財界が9年連続で「ベアゼロ」を主張 2000/1/14

3分の2の企業がベアゼロ、賃下げをねらう(2001年1月号)

2000春闘

特集 グローバル化のもとでの「春闘」(2000年3月号)

労働戦線情勢

特集 21世紀の第1章を開く労働運動の課題(2001年1月号)

 

特集 労働組合の存在意義が問われた夏の労組大会 (2000年9月号)

 2000年の夏の労組大会は、国労大会で、JRの法的責任を追及しないとの方針が焦点になるなど、労働組合の存在意義を問うものとなりました。全逓、NTT労組、国労を中心に夏の労組大会をめぐる動向を特集しました。

 

国鉄問題

旧国鉄=JRの不当労働行為の歴史を振り返る(下)(2001年5月号)

旧国鉄=JRの不当労働行為の歴史を振り返る(上)(2001年3月号)

大阪でも「国労団結まつり」を開催(2000年12月23日ホームページ掲載)

国労一票投票――十分な論議ないまま「4党合意」受託か(2000年11月号)

「4党合意」を可決できなかった国労定期大会(2000年11月5日ホームページ掲載)

国労の「4党合意」をめぐる一票投票の結果(2000年10月15日ホームページ掲載)

国労/「4党合意」受け入れの可否は全組合員の投票へ(2000年9月号)

JRの法的責任の追及を放棄する「合意」案 (2000年7月号)
−闘争団、下部組合員、支援者から反発強まる−

 
資料
 
日本の労働組合の現状(資料編)
日本の労働組合の現状はどうなっているのか。その全体状況を知るために、このページでは、労働省が発表した1999年度「労働組合基礎調査」(99年6月30日現在のデータをもとに編集)のポイントをひろってみたいと考えます。

この記事のTOPへ戻る

バックナンバー紹介のページへ戻る

HOMEへ戻る