ーマ別関連記事・資料

 

職場からのたたかい

 職場を基礎にした活動、とくに労働組合活動や未組織の職場で労働組合を結成する活動、そこでぶつかっている問題などについて、実践的な経験、意見交流をおこなう記事です。


何も闘わなかった労組が動き出した(2004年5月号)

企業倒産の危機といかにたたかうか(2004年5月号)

<職場からの攻防戦>(2004年3月号) 
 *元委員長の除名・解雇を撤回させる
    日通系子会社・A労組
 *深夜勤復活に独自の勤務指定表を提案してたたかう
      郵政倉敷労働組合
 *学校給食の民間委託に反対する闘争はまだまだ続く
    柏現業労組・鈴木昇委員長に聞く
 *全逓が非常勤労働者の組織化に着手
   日本郵便逓送労働者 繁田哲夫

労働者の魂まで破壊する労災が増加(2003年9月号)
 ―関西労災職業病研究会・豊田正義さんに聞く―

大阪市の教職員評価システムの撤回を(2003年9月号)
 −子どもの人権と教育を考える大阪ネットワーク 笠松正俊-

底辺からの産別・業種別共闘の組織化をめざす(2003年7月号)
 ―ユニオン北九州・本村真委員長に聞く―

顧客サービス向上と労働条件の改善を求めてたたかう(2003年7月号)
 ―ユニオン北九州セルバン分会―

ピンハネ構造とたたかい5割増の単価を勝ち取る(2003年5月号)
 狗川原権三

郵政公社はどうなっていくのか(2003年5月号)
 「構成公社を監視するシンポジウム」を開催

<インタビュー>
*企業内組合の枠を超えてたたかう(2003年3月号)
 ―全港湾建設支部 中村猛さんに聞く―

賃下げ反対の裁判闘争のなかで職場に運動を広げる(2003年3月号)
 日本郵便逓送労働者

賃下げと都営交通民営化に反対してたたかう東京との労働者(2003年1月号)
 −自治体労働者のたたかいの前線から−

賃下げ攻撃のなかでおこった組合委員長の「除名」事件(2003年1月号)
 −中小企業労組のたたかいの前線から−
   川田 貞夫

組合活動の強化と結合しながら未払い賃金請求の裁判闘争を開始(2002年11月号)
日本郵便逓送労働者 繁田哲夫

郵便局非常勤職員の雇い止め=解雇の撤回を求めた裁判で不当判決(2002年11月号)

郵政非常勤労働者の雇い止め=解雇の不当性を訴えた裁判が結審
岡山中央郵便局(2002年9月号)

法の狭間にある人たちに目をむけた判決を(2002年9月号)
原告 池田 幸司

労働組合の力で「試用期間」でお安易に解雇できないことを思い知らせる(2002年9月号)
大阪府 設計労働者 斉藤清志

署名活動にも人の思いがある(2002年9月号)
郵便労働者 久保孝夫

最後の国内工場閉鎖・首切りに反対する闘争をたたかって見えてきたもの(2002年7月号)
−伊藤公子−

日本郵便逓送の労働者が労働条件の不利益変更に抗議して集団訴訟(2002年7月号)
−繁田哲夫−

小泉「改革」NO!を掲げて2002春闘をたたかう(2002年5月号)
-リストラ・解雇を許すな大阪集会-

毎月1回の職場集会は労働組合活動の最前線(2002年5月号)
京都府・郵便労働者 恵比寿三郎

管理職受難の時代に自分のスタイルでたたかう(2002年3月号)
   管理職ユニオン関西書記次長 大浜和明さんに聞く

労働者の「階層構造」の枠をこえた職種別交流会が初めて取り組まれる(2002年3月号)
 東京都自治体労働者 荒木武雄

定例学習会の蓄積を基礎に、宣伝・組織活動の強化をめざす(2002年1月号)
  地域学習会「木曜会」 山口かづき

次の課題は労働者の気持ちを束ねること(2002年1月号)
  郵便労働者 明石 晴夫

「あっ、タリバンがいる!」といわれて考えてみたこと(2002年1月号)
  自動車産業労働者 貝原 一

日逓企業の労働条件不利益変更に大阪労働局が「助言」(2001年11月号)
日本郵便逓送労働者

紛糾した全逓近畿日逓支部委員会(2001年6月19日ホームページ掲載)

組合つぶし攻撃とのたたかいにアドバイスや激励の声(2001年5月号)
「労働通信」ホームページで運営されている「2001春闘ネット討論会」で、ある中小企業労働者のたたかいにたいして全国の労働者からアドバイスや激励の声を寄せられている状況などを報告。

規制緩和反対の戦線構築へ(2001年5月号)
全港湾大阪支部 山元一英さんに聞く

100万円以上の年収減もたらすリストラに憤激高まる(2001年5月号)
全逓近畿日逓支部 繁田哲夫

情勢が厳しいときこそチャンス(2001年3月号)
関西生コン労組 武洋一さんに聞く

工場閉鎖に反対しミツミユニオンがストライキを決行(2001年3月号)
ミツミユニオン 吉田和男

虹を追っかけるような運動を総括して(2001年3月号)
清掃労働者・今井宏一

企業の体質改善を要求してたたかう(2001年1月号)
中小運送業の労働組合の経験

公社化へむけ抑圧つよまる郵便の職場(2001年1月号)
「分割・民営化」直前の国鉄職場とそっくり

民族差別・女性蔑視を謝罪し、組合員の未払い賃金を支払え!(2001年1月号)
−日本IBM野洲工場を糾弾−

インタビュー 立ち上がる非常勤労働者(2000年11月号)

リストラのなかで追いつめられる労働者(2000年9月号)
―地域交流会「ちゃぶちゃぶ会」で解決の道をさぐる―
 総合化学メーカー・東ソーでリストラとからんだ職場のいやがらせについての相談をきっかけに、地域交流会をひらいて、労働者の連帯で問題の解決をはかろうとしている労働者の手記。
 
ここ数年間の当局とのたたかい(2000年9月号)
 関東地方の郵便労働者による職場闘争の報告とその教訓。

特集 頑張っています! わたしたちの労働組合 (2000年5月号)         

国際的に共通する民営化攻撃について経験交流(2000年3月号)
―柏現業労組がフィリピン医療労働者連盟(AHW)と交流―

ストレスによる「突然死」に労災認定を勝ち取る(2000年3月号)
―関西労災職業病研究会交流学習会に参加して―

 

労働組合の作り方
 
労働組合の作り方
 労働者の権利をまもり、賃金や労働条件を改善して、人間としてあたりまえの生活をすごすためには、労働者が団結して、たたかう以外にありません。そのためには、労働組合が必要です。このページでは、労働組合を結成していくために必要な基礎的な知識を提供しています。

 

この記事のTOPへ戻る

バックナンバー紹介のページへ戻る

HOMEへ戻る